02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

できることをできるだけ

2011.03.16 (Wed)

今朝、テレビの報道で
被災地で自力で我子を捜索・救出したお父さんを見ました。
他の家族は一緒に逃げきったのだけれど、
そこ子だけが行方不明になっていたそうです。
お父さんは、腰まで浸かる水の中
津波で倒れた家を捜索し、その子を見つけ出しました。
その子は4.5日の間、たった1人で瓦礫の中にいたのです。
まだ3歳くらいのように見えました。
お父さんは、とても力強く「みなさん、諦めないでください」とおっしゃっていました。

その後もお婆さんが助け出されたりと、
少しずつですが生存者が救出されているようです。

お父さんの言葉、胸にドカンと重く入ってきました。
諦めないでください」支援者の励ましの言葉ではないのです。
被災地ど真中の方の言葉なのです。
恥ずかしい事に、私はその言葉に励まされてしまいました。
お父さんは同じ被災者の方々に言われたのだと思いますが・・・

今、私たちの方がネガティブになっているように思います。
原発や余震による更なる被害への恐怖、
燃料や食料が目の前へ減っていく不安、
過大な情報により過敏になっているせいもあるかもしれません。
ですが、私たちは家もライフラインも確保されています。
それだけでも恵まれた事で、それだけあればなんとか生きていけます。

被災者の状況や心境を考えたら
私たちは下をむいているわけにはいきません。
今の自分ができることをできるだけやろう!

まずは家庭での節電。
使っていないコンセントは全て抜いて、暗くなるまで照明もオフ。
冷蔵庫の温度を少しだけ上げて、テレビは省エネモード(液晶ライトを暗め、音量も小さく設定)
寒かったらいっぱい着込みましょう!

物資が被災地に届くように、買占め・買い溜めをやめましょう。
現地ではおにぎり1個を2人で分けている所もあります。
冷蔵庫や棚を確認してみましょう。
数日分の食事になるようなモノはありますよね。
1日でどれだけの食べ物が無駄になっているかを考えてみましょう。
全国で最低限必要な食事を心掛けたら、十分な食料を被災地へ送れるはずです。
しばしの間、品数を1品だけでも減らしてみませんか?
オーバーしていた摂取カロリーを減らしてみませんか?
これをチャンスに家計の節約です!

物資の運搬に必要なガソリンの節約もこころがけないといけません。
できるだけ車は使用せずに、自転車や公共の乗り物を利用しましょう。
車を使用する場合は用事を1度で片付け、乗り合いもいいですね。
お買い物カーやレジャーカーにマンタンのガソリン、本当に必要でしょうか?
節電で営業停止しているスタンドもあるそうです。
普段入れない車にマンタン入れるから一時的に不足するんです。
必要な分だけ使用しましょう。

少しだけでも、余裕のある方は義援金を送るのもいいですね。

みんなで力を合わせて乗り越えていきましょう!!
今までのムダを見直して、頑張るぞ!!!
スポンサーサイト
12:27  |  日々のできごと  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。